グラストンベリーフェスティバル、2021年6月の復帰を目指す


フェスティバルの共同オーガナイザー、エミリー・エイヴィス氏がコロナウィルスの影響で今年キャンセルとなったフェスが来秋に延期されないことを願っていると言及。

グラストンベリーフェスティバルのオーガナイザーは、2021年6月の開催を目指しているとエミリー・エイヴィス氏が語った。

フェス創立者であるマイケル・エイヴィス氏は以前、来年の開催が可能かどうかは不確かだと言及。

グラストンベリーは、パンデミックで50周年となるはずだった今年の開催をキャンセルした。

「気になっている人も多いと思いますが、来年のグラストンベリーを2021年9月に延期する予定はありません。我々は6月の開催を目指しています」とフェスの共同オーガナイザーであるエミリー・エイヴィスが通常通りの6月開催を目指していて、秋に持ち越されないことを願っているとツイッターに書き込んだ。

「チケットの再販売を10月から4月に遅らせたのは返金を求める購入者があまりに少なかったからであり(来年のチケットが依然ソールドアウトの状態である)販売できるチケットが無いからである。無料キャンセルの締め切りも1月末に既に延期している。」

歴史的なアニバサリーとなるはずだった今年のグラストンベリーは、ポール・マッカートニー、テイラー・スウィフト、ケンドリック・ラマーがメインステージのヘッドライナーを務める予定だった。

マイケル・エイヴィス氏は以前ITVニュースのインタビューで、フェスティバルの開催に向け最大の努力をしていると語っている。

「だからと言って確実に開催出来るわけではない、あくまで希望である。唯一確実だと言えるのは、2022年は開催されるということ。それまで2年間待たなければならないかもしれない」と話した。


https://www.theguardian.com/music/2020/aug/30/glastonbury-festival-aiming-to-return-in-june-says-emily-eavis-covid

8/30/2020


Translation by © Sublingual Services 2020

57 views
 

brought to you by Stay the Fuck Home

©2020 by Sublingual Services