Devoのマーク・マザーズボウがコロナウイルス感染で死にかけたことを告白「恐ろしかったよ」


Devoのマーク・マザーズボウがコロナウイルスに感染し、危うく死にかけたことを明かした。


マークは今夏の初めにウイルスに感染し、6月に10日間ロサンゼルスの病院に入院し、人工呼吸器を装着していたと話す。


当初は自身の症状は疲労から生じただけだと思っていたが、体温が39度以上となり「翌朝看護師がきて『ICUにいるべきです』と言われて」とLAタイムス紙に語った。「『そんなはずないよ』と言ったものの、彼女に30年以上も看護師として働いてきたんですと返答されたのです。『すぐに救急車が必要です』と」


火曜日にあまり体調が良くないなと感じて、土曜日には救急車に乗って病院に向かっていた。「恐ろしかったよ」


また、70歳のマークは病と闘いながら、鮮明な妄想にも苦しめられたという。「いつも文房具を買う大好きな本屋があって、自分の中ではそこに行っていた」と語った。「リトル・トーキョーで誰かに頭をレンガで殴られたんだと2週間ぐらい思い込んでいました」


さらに「殴られて血が流れるのを感じたし、ダウンタウンの駐車場で手錠をかけられていた。すごく壮大なストーリーが出来上がっていて、若者たちによって救急車の会社に売り飛ばされて、彼らはコロナウイルスの患者をICUに引き渡すことで金銭をもらっていたんだよね。完全にそれを信じ込んでいたんだ」


マザーズボウは、人工呼吸器を付けた状態で新しいDevoのアルバムとライヴを作りあげたと話し、頭の中でバンドはハリウッドの路上でAR(オーグメンテッド・リアリティ)を使ってパフォーマンスを行ったという。「なぜだか大きくなるプロジェクションの上に立っていたんだ」と説明する。


コロナウイルスに対する世界の反応に対しては「想像を絶するほどすべてが分離されてしまっている。コロナウイルス、Covid-19が本当かどうか疑っている人には、本当にあるんだと伝えたい」と話した。


先週(8月25日)に、ハリウッドのスウェイ・ハウスでTikTokスターたちが開いたパーティーに苦情を呈した複数の近隣の住人たちの中にマザーズボウも含まれていたと報じられた。


マークの妻のアニータはデイリー・メールに対し「配慮のなさに頭がおかしくなりそうです。一日中ずっと続くんです。プールで叫ぶ人や音楽も大音量でかけて、駐車している車が通りを埋め尽くしてしまうんです」と述べた。


https://www.nme.com/news/music/devo-mark-mothersbaugh-nearly-died-coronavirus-2741935

8/31/2020



45 views
 

brought to you by Stay the Fuck Home

©2020 by Sublingual Services