BMGが歴史上のレコード契約を調査、人種による不平等を見直すと発表


BMGは、今後1ヶ月で全てのレコード契約を調査し、人種による不平等がある内容について見直す方針だ。


ミュージック・ビジネス・ワールドワイドによると、2008年にソニーと分かれたBMGのCEOとなったハートウィグ・マズフは、メールでBMGのアーティストやマネジメントに対し次のように伝えた:「音楽業界がこれまで黒人アーティストに恥じるべき対応をしてきた史実を念頭に、歴史上のレコード契約の見直しを始めました」


「BMGは2008年に運営を開始したものの、昔のカタログも数多く獲得してきました。不平等や例外が見受けられた場合、その対策を計画します。30日以内に」と綴った。


ハートウィグ・マズフとBMGチームからの声明原文はこちら


今週前半には、リパブリック・レコードが「アーバン」という用語を組織構造において使用しない方針を決定したばかり。


https://djmag.com/news/bmg-review-all-historical-record-contracts-any-racial-inequities

6/12/2020


Translation by © Sublingual Services 2020


28 views
 

brought to you by Stay the Fuck Home

©2020 by Sublingual Services