top of page

ロックダウン中に妊娠検査薬の売上げが25%増


4/23/2020

Translated by George Bodman


ディスカウントストアなど小売店の調べでは、妊娠検査薬の需要が続々と高まっており、外出自粛ガイドラインの結果としてロックダウン後のベビーブームが見込まれるとされている。

必要品を取り扱っているディールズによると、ロックダウンから1週間経過して1,50ユーロの妊娠検査薬の売り上げが25%増えたという。

妊娠検査薬の売り上げ増加は国内全土に広がっており、中でもダブリンのディールズでの売り上げはアイルランド国内リストのトップを飾った。

首都の後にはドニゴール、コーク、リメリック、ラウス、カーロウの順で続いた。

ロックダウン中の人々の中には、どのように時間を過ごしてるかを示しているとディールズ・アイルランドのマネージャーを務めるシャロン・シェリダンは言う。

「我々の売上げが示すように、一つ屋根の下で暮らすカップルにとってソーシャルディスタンスの心配は無用であり、ネットフリックスを観たりジグソーパズルで遊ぶよりももっと親密でリラックスできる方法を探しているのでしょう」

63 views0 comments

Comments


Commenting has been turned off.
Post: Blog2_Post
bottom of page