コロナウイルスとアメリカのアナログレコード業界への影響


アメリカのアナログレコードの売上は14年連続で上昇し、2019年には5億4百万ドル(約540億円)に達した。しかし、そのツキをこれから先も求めるのは無理があるかもしれない。コロナウイルスのパンデミックによりレコードショップがここ数か月閉店していたことだけが原因ではない。アメリカに現在まで続いてきた数十とあるレコードプレス工場も大打撃を受けているのだ。


最も大きく影響を受けたところでは、地域の規制により数週間も閉鎖され供給が少なくなり、経営者の中には需要も急激に減っていると話す人もいる。カリフォルニア州カマリロにある中規模のプレス工場、レコード・テック・インクを経営するドン・マキニスは「アナログ盤の制作を辞めようと考えているレーベルがいるかもしれないと思うと参るよ」と話す。2か月の閉鎖を終えて営業を再開したばかりのドンは「そうでないことを願うよ。でもそうなっても驚きはしないがね」。


ナッシュヴィルのユナイテッド・レコード・プレッシングは北米で最大の施設を誇り、1日に約6万枚のレコードを制作している。テネシー州の労働局に提出された文書によると、COVID-19の状況をうけ、3月30日に120名もの従業員を一時的に解雇した。いつまで解雇が続いているか、何人の従業員が残っているかは不明だが、工場は最近営業を再開するまで数週間閉鎖していたようだ。(社へ取材を依頼したものの断られた)


テネシー州にある別の会社で1日約2万枚のレコードを制作するメンフィス・レコード・プレッシングは、5月4日の再開まで約5週間営業を停止していた。国の救済ローンで約100万ドル(約100億円)を確保したため、従業員の解雇は免れた。「確実に業界は変化していくことになります」と共同設立者兼CEOのブランドン・シーヴァーズは話す。「営業を停止した時に制作中だったものやその後控えていたもののバックログを整理しながらリードタイムを維持することが課題です」。


シャットダウンは幅広かった。デトロイト州にあるジャック・ホワイトのサード・マン・プレッシングは、1日に約15,000枚制作できる工場だが、7週間の休止を経て5月11日にまるで変わってしまった世界で営業を再開した。「今の音楽業界の傾向はバラバラだ」と共同経営者のベン・ブラックウェルは話す。「どうすればいいか、何をしないほうがいいか、答えなんかないんだ。誰も答えを知らない」。カンザス州サリナにある大手工場クォリティー・レコード・プレッシングは、4月はまるごと生産を中止した。「もといた場所に戻るだけでも死に物狂いで働かないとたどりつけない」と経営者のチャド・カセㇺは言う。


アナログレコード業界の不安定な状況にさらに拍車をかけるのが、パンデミック以前に起きた2つの事件によるサプライチェーンの混乱だ。ヴァイナル生産に使用されるラカー・ディスクを生産するカリフォルニア州のアポロ・マスターズは今年初めに火事に見舞われ、それが生産に及ぶす影響はまだ計り知れない。そして、音楽製品のディストリビューションを担うダイレクト・ショットの流通も以前から問題となっており、レコードがプレスされた後に店舗に納品できるかということも大きな課題となっている。


さらにパンデミックの影響による流通の遅延、レコード・ストア・デイが3つの日程に渡って再設定されたこと、様々なアルバムのリリースの遅延、そしてツアーが完全に中止となり物販でレコード盤を販売することもできない。これでもかという状況だが、さらに追い打ちをかけられている。


これらすべての要因により、ヴァイナルの生産は多くの工場で少なくとも1か月の遅延が予想される。しかし、何年もかけて供給を増加させてきた工場が最も懸念しているのは、需要が急激に減ることだ。2018年に設立されたテキサス州オースティンにあるゴールド・ラッシュ・ヴァイナルは、コロナウイルスによってSXSWがキャンセルされ打撃を受けた。パンデミックの間、工場の営業は続けてこられたものの、設立者で社長のカレン・ケラーは、4月には売上が約75%も落ちたと話す。最近は月に一度のヴァイナル・クラブを立ち上げ、直接お客様にレコードを販売することで収益を補っている。さらに「政府の救済プログラムの手続きを理解するだけですべての時間を取られてしまうわ」とケラーは話す。


ダラス近郊にあるハンド・ドローン・プレッシングは、営業は継続できていたものの、コロナウイルスの影響を受けて最初の8週間の間に売上が90%減少したとCMOのダスティン・ブロッカーは話す。そして北ヴァージニアのファーナス・レコード・プレッシングのCEO兼社長のエリック・アスターは「2月後半にすべての発注が止まったような気がします」と言う。


とはいえ、結束の強いヴァイナルのコミュニティは、これまでも苦難を迎えては立ち上がってきたことに誇りを持っている。クリーヴランドの工場、ゴッタ・グルーヴ・レコードは6週間以上閉鎖していたが、営業とマーケティングの副社長であるマット・イアリーは、通常通りとはいわなくとも80%までは戻りつつあると話す。「3月後半はどうなることか誰も予測がつかなかった」と言う。「小売りは完全に破綻するのか?とも思ったが、そういうわけではなさそうだ」。


https://pitchfork.com/thepitch/vinyl-comeback-coronavirus/


5/21/2020

Translated by Chie Oishi

© Sublingual Services

59 views
 

brought to you by Stay the Fuck Home

©2020 by Sublingual Services